脳血管の奇形|大腸がんは早期発見が肝心|患者に合わせた治療が可能

大腸がんは早期発見が肝心|患者に合わせた治療が可能

脳血管の奇形

医師と患者

脳動静脈奇形は先天性疾患の一つで、脳血管の一部が毛細血管に分かれず、動脈と静脈が直接結合してしまった状態の事を言います。この疾患は胎児の時に発生する生まれつきの病気で、防ぐ手立てはありません。この疾患を患っている人の割合は人百万人に十二人で、比較的稀な病気です。脳動静脈奇形自体に問題はありませんが、動脈と静脈が直接繋がっている為、血管内の圧力が通常と比べると高くなっており、脳出血やクモ膜下出血を引き起こす可能性があります。先天性の疾患ですが、遺伝するタイプの病気ではありません。脳動静脈奇形を示す明確な症状は存在せず、あったとしても軽い片頭痛程度とされています。人間ドッグなどで発見されるパターンが殆どです。

脳動静脈奇形を放置し続ける事は脳出血のリスクを抱え続ける事になります。死ぬまで破裂しない可能性もありますが、言い換えれば明日にも破裂するリスクがあるという事になります。脳出血、クモ膜下出血は極めて危険な病気であり、かなりの確率で死に至ります。一命を取り留めたとしても重い後遺症を残す可能性があります。脳動静脈奇形からの出血を確実に防ぐ為に積極的な治療が推奨されます。脳動静脈奇形の治療方法は幾つかあり、開頭による脳動静脈奇形摘出の他に、塞栓術と呼ばれる血管内治療、サイバーナイフを使用した集中放射線療法などががあります。脳動静脈奇形ができた場所によっては手術が困難なケースがあり、その場合は集中放射線療法が治療の柱となります。

Copyright © 2016 大腸がんは早期発見が肝心|患者に合わせた治療が可能 All Rights Reserved.