早めに適切な治療をしよう|大腸がんは早期発見が肝心|患者に合わせた治療が可能

大腸がんは早期発見が肝心|患者に合わせた治療が可能

早めに適切な治療をしよう

車いす

すべての人に可能性がある

脳腫瘍は、文字通り脳に腫瘍ができる病気である。良性と悪性があるが、特に悪性については進行が早く、手術で完全に取り去ることが難しい。脳腫瘍は年間で発生する率としては0.01%程度であると言われている。発生する年齢層は特定の層があるわけではなく、子どもから高齢者まですべての年齢層において発生する可能性がある。原因としては一部には遺伝も指摘されているが、遺伝子の変異が大きな原因と言われている。腫瘍自体も他の部位でできたものが転移して脳腫瘍となる場合もあるのだ。他には、食生活や喫煙、過度のストレスも原因になると言われているが、確実な原因として特定されているわけではない。一方で、脳腫瘍にかかったあとの5年生存率は他のがんと比較して高く、全体では75%程度と言われている。脳腫瘍の種類にもよるが、適切な治療を受ければ治すことができる病気であるとも言える。

気になったらすぐ病院へ

対処としてはいかに早期に発見し、適切な治療を受けることができるかという点が肝要である。早期発見につなげる方法としては、日ごろから自覚症状に気をつけるなどの方法が考えられる。初期症状を把握しておくことで、気付いた時に迅速に医療機関にかかることも可能になるためである。脳腫瘍の初期症状としては、慢性的な頭痛、吐き気やおう吐、視界の欠如や視力の低下、手足のしびれや動作困難、言語障害、耳鳴りや難聴が挙げられる。これらの症状が現れたらためらわずに医療機関を受診することをおすすめする。早期に発見することができれば、手術をしなくとも放射線治療などで完治することも可能である。医療技術の向上によって、脳腫瘍の部位も正確に把握できるようになってきている。早く適切な治療を受けることが大切である。

Copyright © 2016 大腸がんは早期発見が肝心|患者に合わせた治療が可能 All Rights Reserved.