大腸がんは早期発見が肝心|患者に合わせた治療が可能

がんの特徴や手術の方法

院内

血便や腰痛に注意する

大腸がんは、大腸にできるがんで、食生活の欧米化によって、日本人に増えているがんなので、注意が必要です。肉などのタンパク質や、カロリーの高い食事が中心となると、便が大腸に留まる時間が長くなるため、大腸がんが発生しやすくなるため、魚や野菜中心の、昔ながらの和食を中心とした、食生活を心がけるなど、食生活に気を付けることが、大腸がんの予防につながります。大腸がんを早期発見するためには、定期的に検診を受けたり、血便に気を付けることが大切です。血便は、自分で便をチェックすることも大切ですが、便潜血検査を受けると、便に血が混じっているかすぐにわかります。大腸がんには、はっきりとした初期症状はなく、ある程度進行してから、血便や腰痛などの症状が出てくるので、注意が必要です。

内視鏡を使う手術もある

大腸がんの治療は、がんの進行度や、患者の体の状態にあわせて、最適な方法で治療がおこなわれます。がんを外科手術で、切除する治療が基本となり、がんの転移を防ぐために、リンパ節も同時に切除する場合が多いです。がんが初期で小さい場合には、内視鏡によって取り除く治療もおこなわれています。内視鏡による治療は、肛門から入れて、カメラに大腸の中の様子を映すことができ、映像を見ながら治療がおこなえます。内視鏡の治療では、体に傷をつけずに治療がおこなえるため、患者の負担が少なく、術後の回復も早いのが特徴です。外科手術では、メスを使わずに、お腹に小さな穴を開ける、腹腔鏡手術がおこなわれる場合もあります。手術による治療と、放射線療法や化学療法を組み合わせて、治療をおこないます。

車いす

早めに適切な治療をしよう

脳腫瘍はすべての年齢層でかかりうるがんの一種である。原因については明確には特定されていないが、かかった場合の初期症状はある程度特定されている。日ごろから自覚症状と向き合い、気になった時に速やかに医療機関を受診することで、手術まで至らずに治療することも可能である。

医師と患者

脳血管の奇形

生まれつき、脳の動脈と静脈が結合している疾患を脳動静脈奇形と呼びます。遺伝性の症状では、ありませんが、通常の人よりも脳出血やクモ膜下出血を起こしやすいです。そのため、発見された際には、回答手術での摘出や血管治療、放射線治療が推奨されています。

屋内

かかりつけの病院

港北ニュータウンは都筑区の中心となるエリアになる事からも、生活されている人の数も多くなっています。こうしたエリアや都筑区内の路線でもある地下鉄沿線には内科の診療科を持つ病院が多く、ネットを利用する事で病院の情報や口コミ評判などをチェックすることが出来ます。

Copyright © 2016 大腸がんは早期発見が肝心|患者に合わせた治療が可能 All Rights Reserved.